家事菜園で始めたシソがたくさん育ちました!

この間、長男と一緒に初めての家庭菜園に挑戦しました。シソとミニトマトに挑戦しました。シソは直ぐに大きくなり、わさわさと生え、毎日のように食べないと、どしどし生えるのですね。驚きました。しかし、受けとりたての新鮮なシソが食べれることって果たして好ましいものですね。ちょっとだけ使いたい場合も自由自在で使えるので本当に植えてよかったです。長男の大好きなミニトマトはまだ小さくて緑色だ。そろそろ大きくなりそうな感じで、デイリー観察するのが楽しみになっています。シソは長男にとってほとんど好みでないようですが、今回一緒に植えたので、漁後は食する考えまんまんでした。本当に、最初の人間は素麺に入れて食べたり、日本ハンバーグで食べたりしていました。それなり食べていました。しかし、どうしてもトマトのほうがびいき。トマトの漁が待ち遠しいようです。やはり、水やりも長男のスタッフだ。自分で支障をみて、自分で漁して召し上がる「食育」ってポイントですなと、遅まきながら感じました。今後も家庭菜園を続けようと思っています。

家事菜園で始めたシソがたくさん育ちました!

今日は昼、何を断捨離しようかなあ。醍醐味です。

本当は、ジャージを断捨離狙う。そして入れ換えたい。
近頃、桃色と黒と青のスウェットを持っていて、それを冬は装いて掛かる。
プールにもそれで行くことにする。
でも夏場は、半袖シャツを5枚持っていて、それをこうたいごうたいに着ている。
桃色、イエロー2枚、ブルー、黒。これだけTシャツを有する。ホワイトも買ったかな。
どれも安かったTシャツ。1枚2000円もしていない。だからアッという間にヨレヨレに罹る。
冬のスウェットも、二流なので二度とズタズタ。新しいのがほしいけれど、ユニクロだとアッという間に駄目になるから、
ずっと上質のパジャマ兼用トレーニング衣装がほしい。でもどうしても難しいなあ。
これが、独りぐらしだったならば、簡単に衣替えちゃうのだが・・・。
近頃は旦那が経費を分散してるし、決裁が必要だから、どうも苦しいのだ。
無駄遣いは駄目だし。ふたりの将来のために積み増してるし。
将来のためにわが家を買わないといけないので、近頃。貯金して掛かる。

今日は昼、何を断捨離しようかなあ。醍醐味です。

誰でも最初は未見聞だが、自分のときの事業など覚えていない

なにやら意味深な称号にしてしまったが、小学生1年生になった子どもに自転車ののぼり方を教えていた。
当然のことながら、大人になった最近、自分では自由自在に自転車を制することができる。
なんなら手放し運営だって、いまだにできたりやる。危ういけれどケータイ見ながらだって可能だ。
でも初めて乗る坊やはそうはいかない。ヘルメットをかぶせて。肘・膝にプロテクターをつけて、おとなにとっては普通の訳なのに、
仰々しく下ごしらえをし、いよいよ旅立ちという空気です。
まぁ最初は誰だって乗れないことはわかっているけど、いよいよ乗れるようにしてあげたいのは親心というやつで、
はからずもムキになって仕舞うんだよね。
坊やは既に半べそかきながら止めたいと言っているのに、ちょいとついこちらのほうが力が入って仕舞う。
でも実践怒りは幼子のほうが極上なので、技をつかんてしまえば、ぱっぱと楽に出向くもんだ。
自分も自転車に乗れるようになったのが昔だから、技なんで覚えてはいない。
だから言いつけみたいもないというのが、一般的な両親の正直な見解だろう。でもなんとなくあーだこーです言って仕舞うんだよね。
というわけで、半日で無事に乗れるようになりましたとさ。

誰でも最初は未見聞だが、自分のときの事業など覚えていない